搭乗手続き


現在、建設ラッシュといわれるほど拡張工事が進んでいる中国の空港ですが、2008年の北京オリンピックに間に合うよう、完成を予定しています。

特に空港へのアクセスといった面で、利便性が高くないのが実状です。

上海の上海浦東国際空港や北京の北京首都国際空港といった中国の代表的な空港でさえ、列車の駅が直接つながってないなど、アクセスは決して良いとはいえません。

今後、空港ターミナルなどの設備の拡張工事と共に都市部との列車やバスによる連絡網の整備が待たれます。

日本とは考えられないほどの混雑が予想されますので、時間に余裕をもって空港に到着するようにしてください。

搭乗手続きはフライトの1時間半前から開始されます。30分前には締め切られてしまいますので、注意が必要です。

空港に着いたらロビーで空港使用料を払い、受け取りの券をもらいます。

託送荷物のある人は、機内託送荷物の安全検査を受け検査済みのシールを貼ってもらいます。その後、自分が利用する航空会社のカウンターへ行きチェックインをします。

チケット、パスポート、空港使用料の券を渡してボーディング・パスを受け取ったら、チケット、パスポート、空港使用料の券を返してもらいます。

機内託送荷物のある人はここで託送し、その半券をチケットに止めてもらってください。

搭乗検査のカウンターでは、ボーディング・パス、パスポート、チケット、空港使用料の券を見せ、チェックを受けます。そして機内持ち込み手荷物の安全検査を受けます。これで手続きは完了です。

あとは待合室で搭乗を待つだけです。

tag:

入国手続き


中国への入国検査は、2008年1月1日より健康申告書の提出が不要になるなど、改定や変更が進みつつありますが、概して次のような順序で入国手続きを行います。

北京首都国際空港を例に順を追ってみてみましょう。ただし最新の詳しい情報を各自ご確認ください。

中国に到着したら入国審査を受けます。以前はその前に検疫を受けましたが、2008年1月1日より健康申告書の提出が不要となりました。

発熱や嘔吐などの症状がある方など、検疫申告を必要とする場合は係官へ申告する必要があります。

申告の必要が無い場合は入国審査に進みます。日本人の場合、15日以内の滞在ならばビザは不要です。ただし、日本の外交旅券・公用旅券で入国する人は滞在期間にかかわらずビザが必要となります。

入国カードに必要事項を記入しパスポートといっしょに提示します。パスポートは入国のスタンプが押されて返却されますが、入国カードは係官が回収します。

出国カードは入国時に返却されることになりますので大切に保管しておいてください。出入国カ−ドは、機内あるいは日本出発空港搭乗口に用意されています。

入国審査がすんだら手荷物受取所へ行き、荷物を受け取ります。中国の空港は荷物の流れがかなり悪いです。

かなり時間がかかることを予定に入れておく必要があります。グループの場合も荷物はそれぞれで取り出し税関へ運びます。

最後に税関検査があります。2008年2月1日より税関申告書が改訂され、申告する物品を携帯あるいは所持してない場合は、税関申告書の提出が不要となりました。

申告する物品を携帯・所持していない場合は、緑色表示の免税カウンタ−へ進みます。

申告する物品を携帯あるいは所持している人は、税関申告書へ詳細を記入し赤色表示の課税カウンターへ進みます。

税関係員へ申告書を提出します。16歳未満の場合、大人と同伴ならば記入は不要です。

tag:

持ち込み制限


中国の空港に限りませんが持ち込み制限があります。ペットの持ち込みについても規制があります。

中華人民共和国の場合の免税範囲は以下の通りです:
 タバコ類:紙巻400本まで
 酒類:1本750ml以下を2本まで
 香水:中国滞在中の個人用としての適量
 電気製品など:カメラ、ムービー・カメラ、ラジオ、ビデオ、ワープロなど各1台
 通貨:中国通貨は6,000元まで持ち込み、持ち出しが可能です。6,000元以上は申告が必要となります。また外国通貨はUSドル5,000相当まで持ち込み可能、USドル5,000以上は申告が必要です。持ち出しは入国時申告額まで可能です。
 輸入禁止品:武器、弾薬、中国の政策に反する印刷物、無線送信器

ペットの中国への持ち込みは以下のように制限されています:

鳥類は原則不可です。鳥インフルエンザ流行により、輸出国によって鳥類の輸入が規制される場合があるなど情報は変化しますので、必ず最寄りの大使館・領事館にて最新情報をご確認ください。

犬、猫の場合は可です。ただし、すべてのペットに対して健康診断書が必要となります。犬と猫に対しては、狂犬病予防接種証叛が必要となります。

検疫係留期間は1週間となります。検疫担当官による空港での検査も受けなくてはなりません。詳細は、各航空会社に必ずご確認ください。

国内線への乗り継ぎの場合やトランジットなどの場合など、それぞれ対応が変わってきます。国内線乗継ぎの場合はPVGで、検査・係留されます。ホテルへの連れ出しが可能となる場合もありますので、航空会社にお尋ねください。

tag:

空路の利用


中国には列車網がいきわたっていますから、列車での移動も便利です。

航空路も最北端の黒龍江省から最南端の海南省、西の新疆ウイグル自治区にいたるまで、中国全土に行き渡っています。

効率よく短時間で移動するには、やはり空路を利用するのがいいでしょう。

中国系の航空会社には中国国際航空など6社があります。通称民航と呼ばれています。

繁華街にはたいてい各航空会社の発券カウンターがあります。そこで希望の航空会社のチケットを購入することはもちろん可能ですが、ホテルのカウンターや一般の旅行会社などどこでも買うことができます。

しかも、たとえば東方航空便のチケットを南方航空のカウンターで買うというように他の会社のチケットも扱っているので、わざわざ搭乗予定の航空会社のカウンターに行かなくてはならないという必要はありません。

ひとつ注意しておきたいのは、中国では規定によって、旅行社は切符のみの販売で手数料を取ってはいけないことになっているということです。にもかからわず手数料を請求された場合は、その会社での購入は避けたほうがいいでしょう。

空港へのアクセスは、大都市の代表的な空港たとえば上海の上海浦東国際空港や北京の北京首都国際空港などでも決して良いとはいえません。

何しろ人口が多い国ですから、日本とは考えられないほどの混雑が予想されます。時間に余裕をもって空港に到着するようにしてください。

tag:

両替


皆さんは海外旅行のときに、お金についてどうしているでしょうか?

現金でもっていくという人、トラベラーズ・チェックにするという人、あるいはクレジットカードにするという人もいるでしょう。

現金の場合、日本の空港で現地通貨に両替してきますか?それとも現地に到着してから現地通貨に両替しますか?

たいていの人は出発前に日本の空港で日本円から現地通貨へ両替していくという場合が多いのではないでしょうか。

中国の場合はどうしたらいいのでしょうか?

中国の場合は日本円のトラベラーズ・チェックを日本で買って持っていき、現地で中国の人民元に両替する方法が勧められるようです。

日本でのトラベラーズ・チェックの購入には通常1パーセントの手数料がかかります。

レートも日々変化しますので厳密な比較は難しいのですが、中国で買物で直接トラベラーズ・チェックを使うのではなく、トラベラーズ・チェックを両替のために使用し換金するほうが概してお得なようです。

トラベラーズ・チェックの換金はたいていのホテルで可能です。レートは銀行と同じに設定することになっていますので、銀行とホテルとどちらが良いかを比較する必要もどこのホテルが良いかと考える必要もありません。

空港には自動両替機が設置されています。空港をはじめホテル、商店などには中国銀行の支店や出張所が必ずあります。レートは均一です。


北京首都国際空港の概要


北京首都国際空港は、中国の北京市に位置する国際空港です。

中国最大の空港として2006年には年間4850万人の人が利用しました。これは前年と比べ、18.3パーセントの増大です。

これは中国が世界的に大きく躍進をし、北京オリンピックを目指して中国内の空港設備などを拡張していることを反映しています。

北京首都国際空港は、中国国際航空すなわちかつての中国民航空がハブ空港つまり拠点空港として利用しています。

北京首都国際空港は、北京の中心部から東北25キロメートルに位置します。空港へのアクセスはさほどいいとはいえないようです。

首都空港高速道路が北京中心部を結んでいて、民航のリムジンバスサービスを行っています。しかし地下鉄などの鉄道系のアクセスはなく、今後の整備が待たれるところです。

現在は市内を結ぶ地下鉄延伸線の建設中です。

北京首都国際空港は、2004年から中国南方航空専用の新しい第1ターミナルがオープンされましたので、中国南方航空を利用して日本から中国へ行った人にとっては便利ですね。

北京オリンピックが開催される2008年を目指し、第3滑走路や第3ターミナルを建設中です。この第3ターミナルは、5階建ての立派なものとなる予定で世界からの選手団や応援団、観光客の受け入れに備えています。

ターミナルは、第1ターミナルが中国南方航空の国内線、第2ターミナルは中国南方航空を除く国内線と国際線、そして2008年2月29日オープンの第3ターミナルは、国内線と国際線のターミナルとなる予定です。


就航路線


北京首都国際空港は、中国で最も大きな空港のひとつであり北京に位置していることから、今後北京オリンピックに向けてますます施設の充実が求められています。

就航路線は次の通りです。

日本路線
 成田国際空港:日本航空、全日本空輸、中国国際航空、中国東方航空、ノースウエスト航空、イラン航空、パキスタン国際航空
 関西国際空港:日本航空、全日本空輸、中国国際航空、中国東方航空、海南航空
 中部国際空港:中国国際航空、中国東方航空(青島経由)
 福岡空港:中国国際航空(大連経由)、中国東方航空(青島経由)
 新千歳空港:中国国際航空
 仙台空港:中国国際航空
 広島空港:中国国際航空
 岡山空港:中国東方航空

中国国内路線
 就航地:麗江、包頭、北海市、長春、長沙、長治、常州、成都、重慶、大連、東営、オルドス、福州、広州、桂林、貴陽、海口、ハイラル、杭州、ハルビン、合肥、呼和浩特、黄山、佳木斯、嘉峪関市、済南、昆明、蘭州、ラサ、連雲港、柳州、洛陽、瀘州、牡丹江市、南昌、南京、南寧、南通、南陽、寧波、青島、泉州、三亜、上海、瀋陽、深?、石家荘、汕頭、太原、天津、ウルムチ、維坊、温州、武漢、烏蘭浩特、無錫、武夷山、西安、厦門、襄樊、シリンホト、西寧、徐州市、延安、塩城、延吉、烟台、宜賓、宜昌、銀川、義烏、楡林、運城、張家界、湛江、鄭州、珠海

国外路線(日本を除く)
 北・東南アジア方面:バンコク、済州、ハノイ、香港、クラスノヤルスク、クアラルンプール、マカオ、マニラ、ノボシビルスク、プノンペン、釜山、平壌、ヤンゴン、ソウル、シンガポール、大邱、ウランバートル
 南・西アジア方面:デリー、ダッカ、ドーハ、ドバイ、イスタンブール、カラチ、クウェート、タシケント、テヘラン
 欧州、アフリカ方面:アジスアベバ、アムステルダム、ブリュッセル、コペンハーゲン、フランクフルト、ヘルシンキ、キエフ、ロンドン、マドリード、モスクワ、ミュンヘン、パリ、ローマ、サンクトペテルブルク、ウィーン
 南北アメリカ方面:アンカレジ、シカゴ、ダラス、デトロイト、ロサンゼルス、ニューヨーク、オークランド、サンフランシスコ、サンパウロ、トロント、バンクーバー、ワシントン
 太平洋・オセアニア方面:サイパン、シドニー

北京南苑空港の概要


中国に数ある空港の中で、北京に位置する主要な空港といえば北京首都国際空港ですが、実際のところ北京首都国際空港は市内からのアクセスがよくありません。

その点、北京南苑空港はアクセスが良いことで知られています。

北京南苑空港(Beijing Nanyuan Airport)は、中国の首都である北京市南方の大興区にします。

軍民共用空港で、中国では最も古い空港といわれています。中国聯合航空が拠点空港としており、国内線の18路線を運行しています。

北京南苑空港の位置は、市内中心部から13kmという非常に近い場所に位置していることから、北京で最も大きいといわれる北京首都国際空港と比較して市内へのアクセスが良いです。

2007年9月には、6,000平方メートルの新しいターミナルが完成し、ますます利用者が多くなることが予想されます。

東京の羽田空港との間に定期チャーター便を、北京オリンピックの前に就航させることを日中政府間で検討することが発表されています。

現在検討中の便は、日本と中国、双方1日2便ずつ計4便です。

北京南苑空港へのアクセスは、北京駅からの空港連絡バスを利用することができます。

北京駅からは天津への長距離バスも運行されていることから、中国国内の旅行者にとっては拠点となる駅となるでしょう。

北京駅は、北京地下鉄二号線が通り現在は北京南駅とともに改修が行われています。

2006年の春節(旧正月)が利用のピークで、乗降客数は11.8万人といわれます。通年では、一日平均4〜5万人です。駅周辺から多くの市内、長距離路線が発着しています。

ウルムチ地窩堡国際空港の概要


ウルムチ地窩堡国際空港は、中華人民共和国 新疆ウイグル自治区 ウルムチ市 新市区地窩堡郷に位置する国際空港です。

開港は1939年で、その後拡張工事を重ねて現在に至っています。

ウルムチ地窩堡国際空港には悲しい過去があります。1993年11月26日に、中国北方航空のマクダネル・ダグラスMD−82が高圧の電線に接触したのです。

滑走路から2.2km地点に墜落し、乗客乗員102名のうち、乗客8名、乗員4名の合計12名が死亡したのです。

その後も、巨額の資金(19億5300万元)を投じて拡張工事が始まり、1998年には、第1期拡張工事が完了しました。そして1999年にはターミナルビルの拡張工事が始まり、2002年5月に新ターミナルビルの使用が開始されました。

ウルムチ地窩堡国際空港は、中国南方航空新疆分公司のハブ空港です。中国西部地区の重要な空港となっています。

就航路線は、中国国内では53都市、99路線です。国際線は13路線です。

ウルムチ地窩堡国際空港が位置する、ウルムチは人口約1,600,000人で中国の北西部にあります。新疆ウイグル自治区の区都です。

中国西部では最大の都市です。ウルムチは、言語・文化・経済の面などにおいて中国の東部よりもタシュケントのようなはるか西方の各地とより強く結びついており、中国を訪れたなら、是非、立ち寄っていただきたい地域です。北京や上海とは別の中国を見つけることができるでしょう。

ウルムチ地窩堡国際空港からは、北京、成都、西安、カシュガルなどの都市との間に毎日定期便が運航されています。

北京駅の概要


空港を考えるとき、その空港までのアクセスという問題抜きに考えることはできません。

どれほど多くの航空会社が利用していようと、市街地から遠くへだっていたり、列車などのアクセスが悪い場合、重いスーツケースなどを抱えている海外からの旅行者は大変な苦労を強いられることになります。

北京首都国際空港の場合、中国でも最も主要な空港といわれながら中華人民共和国の首都とある北京市からのアクセスが悪いことから、実際には北京南苑空港のほうが利便性が高いということになります。

北京を中心に考えた場合、どのような国内での移動手段があるのでしょうか。その拠点となるのが北京駅です。北京駅は中国の北京市東城区東二環路に位置する駅です。

北京地下鉄線二号通り、現在は北京南駅ともに改修が行われている最中です。北京駅の利用状況は、2006年の春節(旧正月)のピーク時において乗降客数は、11.8万人でした。

通年では、一日平均4〜5万人の利用があるといわれています。駅周辺を発着するバスは多く、駅周辺から市内、長距離路線が発着しています。まさに北京の移動の拠点です。

一般路線バスは北京市政府が運営するもので、駅前のT字型の道路のそれぞれ3ヶ所に停留所があります。市内路線は均一料金で、郊外路線は距離に応じて値段が上がる仕組みとなっています。

北京駅からは、駅前あたりから天津などへの長距離バスや空港連絡バスなどが多数運行されています。

北京で空港に到着したら、まずはこの北京駅に移動して、そこからそれぞれの目的地へ移動、というパターンが多くなるかもしれません。

現在ますます利用が便利になっていますから北京オリンピックが開催されるころにはとても利用しやすくなっているでしょう。