人民元の概要


中国では、一昔前までは外国人は現地の中国の人たちが通常使っている「人民幣」を使うことが認められていませんでしたが、現在は通貨統一によって外国人でも中国人と同様に「人民幣」を使用できるようになりました。

1元(RMB)=10角=100分です。

中国のお金を使い慣れるには少々時間がかかるかもしれません。一元以下の人民元には、紙幣と硬貨の両方があるからです。

一元紙幣と一元硬貨、5角紙幣と5角硬貨という具合です。もちろん価値は同じですので同様に使うことができます。

さらに1以上のお金についても、1元、5元、10元、20元、50元、100元と6種類の紙幣がありますから、混乱してしまいそうです。

とりあえず10元紙幣を多めに用意しておくと、タクシーや水などを買ったりお釣りがないようなお店で便利です。10元は日本円で150円ぐらいでしょうか。

外貨から人民幣に両替することは比較的簡単です。空港にはたいてい自動両替機が設置されています。また出発ロビーと到着ロビーそれぞれに銀行が設置されています。

空港を出てからも、たいていホテルには中国銀行の支店や出張所がありますし、レートは統一されていますから、銀行かホテルかあるいはホテルによってどこがレートが良いかなどの比較をする必要はありません。

注意が必要なのは人民幣から外貨へ両替する際に両替証をなくさないようにすることです。

両替に際しては正式な両替証の取得が必要だからです。銀行などはとても混雑していますので、計画的に小銭など両替しておくことをお勧めします。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12939144
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック