持ち込み制限


外国に入国する場合には、空港でその国へ持ち込むことができる品の種類や量に制限がかかる場合が、よくあります。

タバコ類は紙巻400本まで、酒類は1本750ml以下を2本までです。
香水は中国滞在中の個人用としての適量範囲まで。

電気製品など・・・カメラ、ムービー・カメラ、ラジオ、ビデオ、ワープロなど各1台、中国通貨は6,000元まで持ち込み、持ち出しが可能です。6,000元以上は申告が必要となります。

外国通貨はUSドル5,000相当まで持ち込み可能、USドル5,000以上は申告が必要です。持ち出しは入国時申告額まで可能です。

そして当然といえば当然ですが・・・武器、弾薬、中国の政策に反する印刷物、無線送信器は一切、持ち込み禁止です。

中国の場合、さらにもうひとつ注意すべき持込禁止制限があらたに施行されることになりました。2007年6月1日より「中華人民共和国海関進出境印刷品及音像製品管理弁法」が施行されたのです。

これにより個人目的で印刷物・音楽映像ソフトを持ち込む場合、1人あたりの持込数量が制限されることになりました。

1人あたりの持ち込み許可数量は、以下の通りです。

 単行本・雑誌:1人10冊まで
 CDやDVDなど音楽・映像ソフト:1人20枚まで
 全集などシリ−ズものの図鑑:1人3セットまで
 セットものの音楽・映像ソフト:1人3セットまで

これらの持ち込み数量を超える場合は、空港で赤色表示の課税カウンターへ進み税関係員へ申告する必要があります。

中国の政治、経済、文化、道徳を害する印刷物・フィルム・写真・レコード・映画のフィルム・録音テープ・ビデオテープ・CD・DVDおよびコンピュータデータ保存用の媒体やその他の物品は、量にかかわらず持込禁止です。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12939145
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック