青島流亭国際空港の概要


青島流亭国際空港は、中国における国際空港のひとつで山東航空がハブ空港としています。

北京の北京首都国際空港や上海の上海浦東国際空港、あるいは上海虹橋空港と比較すると小規模な空港です。

中国国内線を主とし、国際線は世界7都市と結んでいます。日本との就航路線は東京、大阪、福岡、名古屋です。

名古屋は新たに運航が開始されたばかりです。また韓国とはソウル、プサン、テグと結ばれています。

青島流亭国際空港は、もともと1982年に山東省管理局所属の空港として開港されました。

1986年には香港への就航が決まり日本へは1994年に大阪への就航が決まって、山東省としては初めての国際空港となったのです。

それからも1994年にはソウルへ就航が、さらに1998年にはシンガポールへ就航が決まり、今後もますます路線を広げていくのではないかと思われます。

青島流亭国際空港は、中華人民共和国 山東省青島に位置し、青島市内から北へ約32kmのところにあります。

青島(チンタオ)は、中国山東省の山東半島南部に位置する産業都市です。面積19,654平方キロで、人口は710万人です。

海沿いの美しい景色と、オレンジ色の瓦屋根で統一された建物がすばらしい景観を示しています。ドイツ風の町並みが残る旧市街などもあり異国情緒も漂います。

国家歴史文化名城に指定されており観光客も増えています。近年では、その景観を活かし観光都市としての側面も知られてきています。

青島流亭国際空港に降り立ったなら、青島一帯のすばらしい景観を楽しむのもいいですね。夏の青島ビールは最高です!
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12939146
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック