液体持込制限


機内に持ち込める液体の制限が非常に厳しくなっています。

中国発日本行きの場合はどうでしょう?くれぐれも注意していただきたいのは、これは中国発の日本行きの場合ということです。日本発の場合は、また異なりますので注意してください。

中国当局(中国民航空総局)の指示により、中国から出発便する全便(香港発は対象外です)に対しては、以下の通り機内持込み手荷物の制限が行われています。

ただし空港によって取り扱いが異なることもありますから、空港の係員に問い合わせる必要があります。

こうした検査が厳しくなればなるほど、出国検査に時間がかかりますので余裕をもって空港に到着するようにしてください。

 機内に持込める液体物(炭酸飲料、ミネラルウォーター、お茶、牛乳、ヨーグルト、ジュース類等の飲物・液体類):1人2本まで。1本あたり500ml以内です。出国審査場内の安全検査で開封確認後に持込が可能となります。

 酒類の持込は原則禁止です。チェックイン時に預かられてしまいます!十分に梱包をして預けて下さい。1人の預けられる数量は2本(1kg)までです。ただし出国審査場内の安全検査所を通過後に免税店で購入されたお酒は機内へ持込むことが可能です。

 例外品
特別な理由で、その他の液体物を機内に持込む場合は安全検査にて開封検査を行います。安全が確認できれば機内持込が可能となります。赤ちゃんのミルクや薬など相談すると良いですね。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12939148
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック