ウルムチ地窩堡国際空港の概要


ウルムチ地窩堡国際空港は、中華人民共和国 新疆ウイグル自治区 ウルムチ市 新市区地窩堡郷に位置する国際空港です。

開港は1939年で、その後拡張工事を重ねて現在に至っています。

ウルムチ地窩堡国際空港には悲しい過去があります。1993年11月26日に、中国北方航空のマクダネル・ダグラスMD−82が高圧の電線に接触したのです。

滑走路から2.2km地点に墜落し、乗客乗員102名のうち、乗客8名、乗員4名の合計12名が死亡したのです。

その後も、巨額の資金(19億5300万元)を投じて拡張工事が始まり、1998年には、第1期拡張工事が完了しました。そして1999年にはターミナルビルの拡張工事が始まり、2002年5月に新ターミナルビルの使用が開始されました。

ウルムチ地窩堡国際空港は、中国南方航空新疆分公司のハブ空港です。中国西部地区の重要な空港となっています。

就航路線は、中国国内では53都市、99路線です。国際線は13路線です。

ウルムチ地窩堡国際空港が位置する、ウルムチは人口約1,600,000人で中国の北西部にあります。新疆ウイグル自治区の区都です。

中国西部では最大の都市です。ウルムチは、言語・文化・経済の面などにおいて中国の東部よりもタシュケントのようなはるか西方の各地とより強く結びついており、中国を訪れたなら、是非、立ち寄っていただきたい地域です。北京や上海とは別の中国を見つけることができるでしょう。

ウルムチ地窩堡国際空港からは、北京、成都、西安、カシュガルなどの都市との間に毎日定期便が運航されています。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12939152
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック