搭乗手続き


現在、建設ラッシュといわれるほど拡張工事が進んでいる中国の空港ですが、2008年の北京オリンピックに間に合うよう、完成を予定しています。

特に空港へのアクセスといった面で、利便性が高くないのが実状です。

上海の上海浦東国際空港や北京の北京首都国際空港といった中国の代表的な空港でさえ、列車の駅が直接つながってないなど、アクセスは決して良いとはいえません。

今後、空港ターミナルなどの設備の拡張工事と共に都市部との列車やバスによる連絡網の整備が待たれます。

日本とは考えられないほどの混雑が予想されますので、時間に余裕をもって空港に到着するようにしてください。

搭乗手続きはフライトの1時間半前から開始されます。30分前には締め切られてしまいますので、注意が必要です。

空港に着いたらロビーで空港使用料を払い、受け取りの券をもらいます。

託送荷物のある人は、機内託送荷物の安全検査を受け検査済みのシールを貼ってもらいます。その後、自分が利用する航空会社のカウンターへ行きチェックインをします。

チケット、パスポート、空港使用料の券を渡してボーディング・パスを受け取ったら、チケット、パスポート、空港使用料の券を返してもらいます。

機内託送荷物のある人はここで託送し、その半券をチケットに止めてもらってください。

搭乗検査のカウンターでは、ボーディング・パス、パスポート、チケット、空港使用料の券を見せ、チェックを受けます。そして機内持ち込み手荷物の安全検査を受けます。これで手続きは完了です。

あとは待合室で搭乗を待つだけです。

tag:
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12939160
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

北京オリンピックの開催概要
Excerpt: 第29回の夏季オリンピックとなる、北京オリンピックの概要を簡単にですが、書いてみたいと思います。 北京オリンピックは、2008年8月8日に開幕し、8月24日までの17日間に渡って、中華人民共和国の首..
Weblog: 北京オリンピック
Tracked: 2008-03-22 14:43