出国手続き


中国で、楽しい旅を終えたら日本へ帰国することになります。

空港についたらどのような手続きが必要なのでしょうか?順序を頭に入れておくと、スムーズに移動することができます。

まずは税関検査に進みます。以前は検疫が必要でしたが、健康申告書は2006年3月1日より提出不要となりました。

税関検査も2008年2月1日より税関申告書が改訂され、申告する物品を携帯または所持してない場合は税関申告書の提出が不要となりました。

旧申告書は使用不可能ですので注意してください。該当する物品を携帯・所持していなければ、緑色表示の免税カウンタ−へ進みます。

申告する物品を携帯・所持している場合は、税関申告書へ詳細を記入したうえで赤色表示の課税カウンタ−へ進みます。税関係員へ申告書を提出します。

16歳未満の人で、大人と同伴の場合は、記入は不要です。
中国に居住している人で、カメラ、ビデオカメラ、パソコンなど再度中国に持ち帰る予定で5,000元を超える価格の物品を所持している場合は、申告書を2部作成する必要があります。

税関検査が済んだら次は搭乗手続きです。利用する航空会社のチェックインカウンターで、航空券、パスポートを提示して搭乗券を受け取ります。

「空港管理建設費」(国際線90元・国内線50元)が必要ですが、航空券発券時の代金に含まれているので新たに払う必要はありません。

搭乗券をもらったら出国審査へ進みます。パスポートと出国カード、搭乗券を提示するとパスポートに出国のスタンプが押印されます。

出入国カードは空港に用意されています。出国審査のあとは機内持込み手荷物検査です。機内に持ち込む手荷物のX線検査とボディチェックがあります。